閉じる

大人のRSウイルス
感染症

大人のRSウイルス感染症

RSウイルス感染症は生涯を通して再感染を繰り返します1)

ここでは、大人のRSウイルス感染症について、注意すべき点を説明します。

大人のRSウイルス感染症の症状

通常、健康な成人はRSウイルスに感染しても軽症で、多くは風邪のような症状で自然軽快します2)

特に気をつけたほうがいいのはどんな人?

高齢者、喘息、COPD、心疾患などの慢性の基礎疾患がある人、免疫機能が低下している人の場合、RSウイルスに感染した場合は、肺炎などを引き起こすこともあります2)

  • 高齢者高齢者
  • 慢性の基礎疾患がある人慢性の基礎疾患が
    ある人
  • 免疫力が低下している人免疫機能が低下
    している人**

**病原体に対する抵抗力が弱まり、感染症などにかかりやすくなっている状態

https://www.tyojyu.or.jp/net/kenkou-tyoju/rouka/meneki-rouka.html

高齢者にとってRSウイルス感染症はなぜ重要?

RSウイルス感染症によって、高齢者が入院、死亡にいたることも報告されています2)

年間のRSウイルス感染症による
発症・入院・死亡(日本・成人・推定値)3)

年間のRSウイルスによる負荷(米国・成人)
年間のRSウイルスによる負荷(米国・成人)
RSウイルスは高齢者における入院、死亡の<br>主な原因の1つ

調査方法の詳細

  • 方法:
  • 60歳以上の成人におけるRSウイルス関連急性呼吸器感染症の発症率を検討した研究報告等から21研究データを用いてメタアナリシスを行い、60歳以上の成人におけるRSウイルスによる急性呼吸器感染症発症率、入院率、院内死亡率の統合推定値を算出し、日本の人口統計を利用して日本における60歳以上の臨床負担を求めた。
  • 本研究の限界:
  • RSウイルスによる臨床負担の推定範囲は試験毎に異なり広かった。RSウイルスによる臨床負担の年齢で階層化するデータが不足し、年齢区分が一様ではなかった。データの大半が都市部の学術的な環境における集団データであり、全国的なものではない可能性がある。院内死亡率は実際のRSウイルスによる死亡者数とは異なる。すべての死亡が報告されている。在宅療養等によりRSウイルス感染の正確な把握は難しい。バイアスリスクの評価をしていない。本メタアナリシスは、高所得国で実施された試験を対象としており、一般化するにはデータが不足している。高齢者のRSウイルス検査が定期的に実施されていない。高齢者はRSウイルスに感染しても分かりにくい。RSウイルスに関する症例定義を用いた調査がない。

入院・死亡に
至ることもあります

調査方法の詳細

  • 方法:
  • 60歳以上の成人におけるRSウイルス関連急性呼吸器感染症の発症率を検討した研究報告等から21研究データを用いてメタアナリシスを行い、60歳以上の成人におけるRSウイルスによる急性呼吸器感染症発症率、入院率、院内死亡率の統合推定値を算出し、日本の人口統計を利用して日本における60歳以上の臨床負担を求めた。
  • 本研究の限界:
  • RSウイルスによる臨床負担の推定範囲は試験毎に異なり広かった。RSウイルスによる臨床負担の年齢で階層化するデータが不足し、年齢区分が一様ではなかった。データの大半が都市部の学術的な環境における集団データであり、全国的なものではない可能性がある。院内死亡率は実際のRSウイルスによる死亡者数とは異なる。すべての死亡が報告されている。在宅療養等によりRSウイルス感染の正確な把握は難しい。バイアスリスクの評価をしていない。本メタアナリシスは、高所得国で実施された試験を対象としており、一般化するにはデータが不足している。高齢者のRSウイルス検査が定期的に実施されていない。高齢者はRSウイルスに感染しても分かりにくい。RSウイルスに関する症例定義を用いた調査がない。
ひとくちメモ
  • 基礎疾患のある人、高齢者の方は、RSウイルス感染症の予防について学ぶとよいでしょう。
  • ひとくちメモ

RSウイルス感染症の入院率比

基礎疾患のある人は、その基礎疾患のない人に比べて、RSウイルス感染症の入院率比が高いことが報告されています4)

基礎疾患のない方と比較したRSウイルス感染症による入院率比(米国・成人)

喘息のある方 2.0~3.6
冠動脈疾患のある方 3.7~7.0
糖尿病のある方 2.4~11.4
COPDのある方 3.2~13.4
うっ血性心不全
ある方
4.0~33.2

Branche AR et al:Clin Infect Dis 2022;74(6),
1004‐1011より作図

※喘息、冠動脈疾患、糖尿病、COPD、うっ血性心不全

†調査対象地域の集団で、各基礎疾患を有する被験者とその基礎疾患のない被験者の入院率を比較した比率

‡狭心症、心筋梗塞など心臓に血液を供給する冠動脈で血液の流れが悪くなり、心臓に障害が起こる病気の総称。 https://www.e-healthnet.mhlw.go.jp/information/dictionary/tobacco/yt-006.html

調査方法の詳細

  • 対象:
  • RSウイルス流行3シーズンに急性呼吸器疾患の症状2種以上または心肺基礎疾患の増悪によりニューヨーク州の2つの地域の医療施設3ヵ所に入院したRSウイルス感染症患者1,099例
  • 方法:
  • 前向き人口ベース調査研究。年齢層別の100,000人当たりのRSウイルス感染症入院率を算出し、基礎疾患有無別の年間RSウイルス感染症入院率を比較した。
  • 本研究の限界:
  • 本データは郊外および都市部の集団を代表しているが、米国成人集団全体ではなく、一般的な結論を導くのは難しい。基礎疾患については、自己申告および電子カルテより抽出し、その内容を確認していない。調査期間にRSウイルス感染症のアクティブサーベイランス(積極的な監視療法)を実施していないが、調査チームにより陽性患者を追加した。

乳幼児も要注意、
RSウイルスについて知ろう

乳幼児も要注意、RSウイルスについて知ろう

乳幼児の
RSウイルス感染症をみる

  • 参考文献
  • 1)IDWR 2013年第36号 〈注目すべき感染症〉 「RSウイルス感染症」
  • 2)Centers for Disease Control and Prevention (CDC), 2018. RSV in older adults and adults with chronic medical conditions. https://www.cdc.gov/rsv/high-risk/older-adults.html(アクセス2023年11月)
  • 3)Savic M et al.:Influenza Other Respir Viruses 2023;17(1),e13031 [利益相反:著者にグラクソ・スミスクライン(株)の社員が含まれる。著者に本報告のデータ解析作業中にグラクソ・スミスクライン(株)がコンサルタント料を支払った者が含まれる。]
  • 4)Branche AR et al.:Clin Infect Dis 74(6),1004-1011,2022
ページの
先頭へ